急にくる膝の痛み

急にくる膝の痛みにはグルコサミン

急にくる膝の痛みはドキッとしてしまいます。
膝が悲鳴を上げているのですね。
階段の昇り降りで足に力がかかった時や、立ち上がる瞬間、恐る恐る一歩を出してしまいます。

 

加齢とともに起こってくるとこなのですが、早い対処で防ぐことも可能です。

 

 

グルコサミン不足から

歩きはじめに関節が痛むなど関節炎の原因で最も多いのが消耗性関節炎、骨関節症やリューマチ性関節炎、これらは関節の炎症が原因で起こります。

 

消耗性関節炎、骨関節症やリューマチ性関節炎などは症状がそれぞれ違ってきますが特徴としては骨と骨との結合組織、特に関節部をつなぐ軟骨の消耗が原因となっていることが多いようです。

 

軟骨部分が消耗し骨の先端部分がむき出しになり、そこに力が掛かるとと痛みや関節の腫れをを引き起こしてしまいます。

 

 

 

人は加齢とともにこの軟骨を再生する力が衰えてくると言われていますが、これは体内で十分にグルコサミンを生成できなくなることにあります。

 

そうなると軟骨が体液を蓄えて衝撃を吸収する役割を果たせなくなってしまいます。

 

そこで、不足しがちなグルコサミンは外部から補給するわけですが、天然成分のグルコサミンは関節炎の痛みを取り除くだけでなく進行を食い止めることがわかってきています。

 

グルコサミンは毎日少しづつ摂取することで徐々に失われてしまった軟骨を補い関節炎の原因を取り除いてくれます。

 

痛みがひどいと病院に行き抗炎症剤などを処方されることがあります。

 

これはグルコサミンよりも即効性が早く痛みも取れるのですが、長期的に見るとグルコサミンのほうが効果があります。また副作用が心配な方にもオススメです。

 

グルコサミンは軟骨内に存在するコンドロイチンや天然ホルモンのプレグネノロンにより効果が最大となることがわかっています。グルコサミンを摂るときはコンドロイチンも一緒に摂取すると良いでしょう。

 

バランス良く配合されたサプリメント、毎日続けられるリーズナブルな価格で選ぶと、テレビでもお馴染みのやわたのグルコサミンでしょうか。保存料や着色料などの添加物も不添加なのが良いです。


急にくる膝の痛み